DaiGoが使っている低温調理器と容器コンテナはどれ?




メンタリストDaiGoといえば低温調理器

数々の飯テロ。

DaiGoの放送聞き始めてから
低温調理器の存在を知ったよって人多いと思います。

そして入門者としては

「どうせ買うならば、DaiGoが使っているのと同じやつが欲しい」

ってことで

今回は入手が極めて困難になっている
DaiGoが実際に使っている低温調理器とフードコンテナーをリサーチしてみました

低温調理器とは?

まず、低温調理っていうものを
ざっくり説明すると

ジップロック等に食材をいれて
ぬるい湯煎で長時間かけて火を通す調理法です。

またこの低温調理を応用して
ジップロックを真空パックすることで
Sous vide(スービー)という真空調理法になります。


低温調理器ってのが何をしているかというと

鍋に入れたお湯の温度を指定時間一定に保ち
水流によって全体の温度を均一にする

って事をしているわけです。

仕組みを知るとシンプルですね。

低温調理の何がすごいのか?

低温調理の仕組みを知ると
いたってシンプルで何がそんなに人生変えるのだろうか?
と疑問に思いますが

そこはやはりDaiGo

低温調理はガチガチに科学的合理性を追求した調理法でした。

①AGEs(エージス)摂取量がめちゃくちゃ減って健康爆発する

と科学的にわかっています。

AGEs(エージス)ってのは高温調理でより多く生成されます。
揚げ物とかだとかなり多くなります。
体内に溜まって
排出しない限り分解されないので
これをいかに減らすのかってことが健康の為に重要な要素です。

AGEs(エージス)のリスク
・老化→体内の炎症
・酸化ストレス
・糖尿病のリスク

1年間AGEs(エージス)を減らす食生活を送るという実験があったみたいで
結果

BMI→減少
体重→減少
ウエスト→減少
摂取カロリー→9%減
血中のインシュリン値→-50% 心疾患リスクが激減

ってことが分かったようです。

そして、AGEsを減らす食生活には低温調理がかなり効果的です。

②待ち時間がほぼゼロ

夜の間に食材ほりこんでおけば
翌日できている

あるいは
朝仕込んでおけば夜にはできている。

つまり準備さえしておけば
調理にかかる待ち時間がゼロ

しかも
火を直接かけるわけじゃないから
火事の心配もない。

しかもDaiGoはanovaのブルートゥース機能を使っていて
これだとスマホから遠隔で調理のコントロールができてしまう。

③洗い物がほとんどでない
低温調理器で使うのは基本
ジップロックと鍋だけ
しかも、鍋は湯煎だから汚れない

 

どうでしょう?

・時間の節約
・管理コストの削減
・AGEsを減らす食生活の実現

 

これらが一手で実現できてしまうのが低温調理器ってわけです。

DaiGoが使っている低温調理はAnova Culinary PCB-120US-K1

 

このanovaを紹介するときの嬉しそうな顔(^^)

実は私
DaiGoがオススメしてたアイテムを常にウォッチするという趣味があります。
(いつか買おうと思って・・・短焦点プロジェクターとか全部記録してます。)
なので、DaiGoが実際使っていた低温調理の型番控えてたりします。
過去DaiGoが低温調理器を紹介したときの商品の型番は

Anova Culinary PCB-120US-K1

ってやつでした。

この型はもう日本のアマゾンでは取り扱ってないみたいです

一応こちらが商品ページでした

こっちがアメリカのアマゾン

取説のPDF

現在anovaの低温調理器ってものは
日本のアマゾンで入手できないみたいですね。

ちなみに楽天には
取り扱いがありますね。
→anova低温調理器

▼参考までに anovaのPV

PV見るとDaiGoの使っているものと同じです。

低温調理器に合う鍋の用意ですが
フードコンテナーをもっておくといいですね。

DaiGoがanovaとセットで使っているフードコンテナーはこれ

低温調理器専用 フードコンテナー Elikliv 角型フードコンテナー 11クォート フードコンテナー専用 リッド(蓋) 付き 保存容器 真空調理法保存容器 低温調理機 フードコンテナー sous vide コンテナー 真空調理法ラックを入れでき 32*26*20cm 目盛り付き

これも入手困難です。

anovaの場合なら

この
CAMBRO(キャンブロ) 角型フードコンテナー 12SFSCW クリアー ポリカーボネイト アメリカ AHC03012

CAMBRO(キャンブロ) 角型フードコンテナーと

こちらのような

EVERIE シリコーン製リッド(蓋) CAMBRO(キャンブロ) 12クォート フードコンテナー専用

対応している蓋をもとめるといいですね。

蓋なんですが
低温調理器が水蒸気で壊れたよって声もあるので
あったほうがいいです。

anovaに対応しているフードコンテナーは
EVERIEってメーカーも取り扱ってるみたいです。

現在商品の取り扱いがなかったりします。

また
よく見てみると
箱だけだったり
蓋だけだったり
って感じで
商品の説明書きしっかり読まないとびっくりしますので
購入する前にしっかり注意してください。

蓋だけで1万円弱とか
正直わらっちゃいますが(^_^;)・・・

anovaの代用にEliklivの低温調理器

そんなこんなでanovaの低温調理器がアマゾンで入手困難になっているので
DaiGoは
anovaの代用になりそうな低温調理器を紹介してくれてましたね。

低温調理器 真空調理器 Elikliv 低温調理機 Sous Vide スロークッカー 1100Wハイパワー IPX7防水 お料理用 低温調理器 水温制御クッカー 調理器具 真空調理器 タッチパネル 操作簡単 sous vide cooker 均一加熱 美味と栄養素を同時に保存でき スロークッカー お肉/魚/卵/野菜 調理用 家庭用 プレゼント お祝いに大人気 日本語取扱説明書とレシピ付き

これはEliklivってメーカーのところの低温調理器ですが

実はこれも
DaiGoが紹介した影響で現在は入手困難になってます。

anovaの代用に王道のboniq(ボニーク)

低温調理器の王道といえばBONIQなので

ここに立ち帰ってもいいかもしれない

BONIQ

しかし
もし
BONIQを買うならアマゾンじゃなくて
公式で買ったほうが良いです。

19,800円の送料無料です。

anovaの代用に廉価モデルいろいろ

低温調理器って仕組みがシンプルなものですから
中華メーカーや
国内廉価モデル生産メーカーから
わりと廉価モデルがいろいろ出てます。

値段が安い分

・温度設定の操作性が悪かったり
・メンテナンスに難があったり
・水流の調整がBONIQに比べて悪くて仕上がりに違いでるよって声があったり

と、いろいろと問題はありますが

1万円をきるものもあるので
入手困難なものを無理に入手するより
とりあえず入手してAGEs減のよい食生活をスタートするのもよいかと思います。

ちなみに
廉価モデルであれば

メーカー 消費電力 価格 レビュー件数
SandooのHA1099 1000W 8,999円 203件(4.3点)
Azrsty 850W 8,999円 247件(4.1点)
アイリスオーヤマLTC-01 1000W 11,800円 141件(4.2点)
レアウェル 1000W 7,980円 114件(4.0点)

この辺が候補になるかと思います。

※レビュー件数のリンクからレビュー一覧に飛びます。(レビュー参考にする場合にはバイアスに注意)

低温調理器の鍋をどうするか?深さは?素材は?

低温調理器に使用する鍋問題ですが
今お手持ちの鍋に高さが十分あれば
ただ単に突っ込めばいいのですが、
たいていは高さが足りなかったり
クリップで挟めなかったりと問題があるものです。

目安でいう
BONIQの専用鍋の深さは15センチ
anovaが推奨しているのは約20センチ。

鍋に物差し当ててみてください。

思ったより深いですよね。
低温調理器を買う前にチェックしてみたほうがいいです。

鍋がなければ低温調理器の専用鍋を買うかどうかですが
入門者としてはDaiGoがオススメしていたフードコンテナーが欲しいところです。

低温調理器専用 フードコンテナー Elikliv 角型フードコンテナー 11クォート フードコンテナー専用 リッド(蓋) 付き 保存容器 真空調理法保存容器 低温調理機 フードコンテナー sous vide コンテナー 真空調理法ラックを入れでき 32*26*20cm 目盛り付き

これですね

これは
DaiGoがanovaの代用でオススメしていたEliklivが出しているフードコンテナーですが
DaiGoはこのコンテナーにanovaさしてましたからね

蓋と容器と別売りが多い中
蓋と容器セット売りというのは安心感があります。

このコンテナーは
ポリカーボネイト製耐熱温度:-40℃~99℃
サイズは 縦横高さが32*26*20cm

とはいえ
やはりこれもDaiGoが紹介した関係で現在入手困難。

そこで

アスベル キッチンボックス 9.8L 「ウィル」 F-35

この
アスベルのキッチンボックスを低温調理器用に使う手もあるようです。
まさかと思いますがレビュー見ると結構anovaの利用者の声があります。

ですがここまでくると

もはや100円均一で売っているポリプロピレン樹脂のボックスでいいのではないかという気もする

ちなみに
anovaユーザーがよく使っているアスベルのキッチンボックスのサイズは

幅24.1×奥行33.1×高さ19cm

このサイズを参考に
ポリプロピレン樹脂のボックスを探してみるのはいかがでしょう。

最後に

最後にまとめておきます。

入手困難ではありますが
DaiGoが使っている低温調理器は

anovaのものです。

現在手に入るものは
A2.2-120V-USという型番で
日本のアマゾンでは現在取り扱いがなく
楽天市場にて一部取り扱いがあります

楽天anova低温調理器

フードコンテナは

Elikliv 角型フードコンテナー 11クォート


これはフタとセットのものです。
このコンテナはEliklivの低温調理器用ですが
↓DaiGoはこのコンテナーにanovaを突っ込んで使っています

 

メンタリストDaiGoのオススメ本・サプリメント・ツールデバイス・文房具・アプリ【入門者】

2020年9月18日

メンタリストDaiGo おすすめのデバイス&ガジェット&ツールまとめ

2020年2月7日